春の補聴器相談会開催中!

補聴器は形状も様々です。それぞれ

・外観(目立ち難さ等)・取扱い(装用し易さ等)

・電池寿命(短い、長い等、充電タイプ等)

・故障リスク(汗や湿気、耳垢等影響の大小等)

特徴があります。要望、聴力特徴、メリット/デメリットのバランスを考慮した比較検討が必要です。試聴/貸出含め、説明と理解を得ながら、ご予算(機能/価格)の範囲内の補聴器が、しっかり日常生活で活用できるか確認していきましょう。